from神戸

携帯電話の方ははこちらへ


いらっしゃいませ。
「地酒とワインの店・濱田屋」です。
この度は、私どものホームページに訪問いただきまして、誠にありがとうございます。


はじめまして、神戸で地酒とワインで商いをしております濱田屋です。

商品を御覧いただく前、少しだけ当店の御紹介文を御一読いただければ幸いです。

■日本酒について

 私が25才で酒屋の仕事に携わるようになったころの地元、灘の状況を知るにつけ、このままでは、地元の酒に将来はないのではないかと思いました。
 なんの力も無い私は、仕方なく地方の蔵元と試飲会や、先輩の酒屋に紹介していただいたり直接蔵元にお訪ねしたりしながら、しっかりした考え方を持った蔵元を探しました。
 この時、素晴らしい考え方と技術を持つ蔵元との出会い、おつき合いを始めました。
 しかし、現在、「灘」の蔵元も世代交代が進み、徐々に自分の酒造りのテーマを持つ蔵元も現れてきました。そして、自分達が造るべき、そして次代に継承するべき「灘の酒」というものはどういうものであるのかという事を追求し始めたのです。そして、次々と素晴らしい試みがなされ、「大黒正宗」「仙介」「空蔵」「七ツ梅」「道灌」「千代田蔵」など素晴らしいお酒が誕生し始めました。
 実際、日本一の酒米の産地「特A地区」を持ち、日本有数の酒造用水「宮水」の使える「灘」は本来、品質面でも素晴らしいお酒を造るのに適した地域です。  そういう造り手の情熱に対して、私ができる事は、できるだけたくさんの方にそうしたお酒があることを知っていただく事だと感じました。いずれも「心ある酒」です、「神戸の地酒」どうぞ御賞味ください。
 神戸の方、「神戸の土産」にもいいですよ!
■ワインについて

 私のワインのスタートは、師と仰ぐ日本の輸入ワインの草分け、川崎市にあるマスヤの高橋社長の一年間の勉強会からでした。それは、とにかく色んなワインを飲んでみるという事で、今ではとても入手できないような貴重なワインの数々を味わう機会を得た事は、本当に幸運な事でした。
 最後の勉強会で、高橋社長は私にワインもそれを取り扱う商売も「スモール・イズ・ビューティフル」だよとおっしゃいました。
つまり、「君たちのような小さな酒販店が小さな作り手のワインを扱うから美味しいワインが供給できるんだよ。」という事です、その言葉は以降の私の基本姿勢のなりました。
 だから、当店ではあまり名醸地にはこだわりません。しかし、個性的で美味しいワインを集めています。

もちろん自分で呑んで気に入ったものばかり!
気に入らないワインは、どんな有名なワインも店に並べないのが私のポリシーです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうごさいます。!

それでは、どうぞ、

こちらをクリックしてお入りください。

※なお未成年者の方への販売は禁止されていますので、ご了承ください。  大黒正宗ご愛飲者カード加盟店一覧はこちらです。